妊娠中はいつもワクワク!赤ちゃんの準備が楽しかった

私が妊娠に気づいたのは、妊娠二か月くらいの頃でした。

生理が遅れていたのもありましたが、嗅覚が鋭敏になり、つわりらしきものも少々ありました。

一番つらかったのは通勤のバスの中でした。

今まで感じなかった臭いがあれこれ襲ってくるのがバスの中で、なんでこんなに臭いが気になるんだろう、と思い始めてから、自分の体調の変化に気が付いて、産婦人科を受診したら、赤ちゃんの入る袋が写ったエコー写真を渡されました。

胎嚢というものです。

ごく初期の段階だったので、まだ気をつけて過ごすように言われました。

つわりが落ち着いたあとは妊娠、出産に対するモチベーションが上がった

そこからはつわりもなくなり、順調に赤ちゃんは育ちました。

この頃は妊娠や出産が未知のものだったので、それらの事を知るために、本を読みました。

そして妊娠、出産、子育てに関して、気持ちが軽くなるエッセイ漫画を見つけて、何度も繰り返し読みました。

それに妊娠中は体が温かく感じ、お腹は重いものの、うきうきわくわくする気持ちがわいてきました。

今考えると、ホルモンがそうさせていたようです。

赤ちゃん用の肌着を縫ってみたり、ちょっとした赤ちゃん用の買い物をしたり、友人にベビーカーやベビーバスを借りたりして、準備も楽しんでやっていました。

それから、出産を予定していた病院で妊婦健診もしていたのですが、私がもともと大柄だったからなのか、体重が増えても注意されないので、いけないと思いつつ、ずいぶん食べていました。

食パンをたくさん食べていました。

本当にいけないのです。

でも食べたい物は食パンや、普段はあまり食べたくならないカップラーメンなどで、我慢が出来なかったのです。

そんな風に不思議なくらい食の好みも変わります。むしろそのことは面白がって受け止めていました。

本当なら魚や野菜などを多く食べるべきでした。

お腹が大きくなると、足の爪を切ることもできなくなり、夫に切ってもらったり、夜寝ている間も寝返りのたびに目が覚めたり、体の変化に伴う生活の変化は面白かったです。

今思えば一人で好きに過ごせる最後の時間でした。

そのことに気づいていたら、もっといろいろなところに出掛けたりしたと思います。

出産後、今息子は中学生で、あれから何年も経ちますが、身が二つになってから、子どもの事が中心で、すべては子どもの事情と絡めて決めていかなくてはならなくなりました。

自分とは違う人間の息子の事を、いつもいつも考え、それを基準にして自分が何ができるのか選びます。

そのことを母の喜びとして受け止められるほど人間が出来てはいないのですが、産む前よりは、深みのある人生だと感じています。